イノカス

『イノ溜め』マイルド風味。

スリー・ビルボード

f:id:inox07230:20180207065342j:image

 Storyline

f:id:inox07230:20180207065212j:image

マジにアタマに来てるんだからね!!

7ヶ月前に娘を無残にレイプされ殺された母ミルドレッドは、街の外れにあるボロボロの3枚の看板を見てある覚悟を決めた。

f:id:inox07230:20180212024401j:image

そして、ミルドレッドが出した看板がコレ。

 f:id:inox07230:20180212022056j:image

一枚目『娘はレイプされて焼かれたし』

二枚目 『犯人はまだ捕まんないの?』

そして、最後っ屁で・・・

三枚目 『なんでなんだよ?ウィロビー署長さんよっ💢』

 f:id:inox07230:20180212020451j:image

嗚呼、こんな名指しで攻撃しちゃって!

名指しはマズイよ?マズイよ?

しかも事情を知ってる人が見たらミルドレッドの怒りの業火がモウモウな看板ですよ?

ヤバイんじゃない?(;゚д゚)あわわ...

案の定、ミズーリ市エビンク町はこの三枚目の看板で大炎上さっ!

f:id:inox07230:20180212020406j:image

怒れるミルドレッドvs村人の大バトルがオッパじまる!(のか?)

Review

 f:id:inox07230:20180207065220j:image

ガチギレしきってるのか?

 原題『Three Billboards Outside Ebbing, Missouri』ミズーリ州エビング郊外の3つの看板ってタイトルをざっくり『ミズーリ州・エビング』を削った邦題でざいますな。

原題の『ミズーリ州』と登場人物に『警官』、舞台が『田舎』コレね(b'3`*)

エビングってどこなのか?超絶田舎なのは間違いない

f:id:inox07230:20180212025209j:image

あの事件を思い出す3点セットで、人種差別の映画かと思いきや、そんなガッツリと人種差別問題が描かれとる映画ではなかった。

f:id:inox07230:20180212031704j:image

個人的に、ウィロビーの若い女房とミルドレッドの元旦那の若い女に対する人々の地味な差別のエグミが個人的にウワァでしたな。

f:id:inox07230:20180212023622j:image

(`д´;)こーゆー差別は見たことある、わりかし身近、身近。

f:id:inox07230:20180212020230j:image

 

怒りの暴挙に出たミルドレッド、さぞかしガチギレして、あの看板を掲げたと思いきや、強気な姿勢の中にチョイチョイ見える迷ってる感がチラチラ。

 

まだ真っ赤な怒り色にする前のボロボロの看板を見て爪を噛むホド何を考え迷っていたのか?これからウィロビー達を懲らしめる為に鼻息を荒くしてる顔付きではなかったような気がするんだが?

しかし火炎瓶に着火してまでも迷ってるのは危ないぞ!見ててハラハラしたわ!すぐ投げれ!

ババア!はよ、早よ投げれ!危ないって!

 f:id:inox07230:20180212023717p:image

 わかりやすい田舎者気質のディクソンも同じくで、強気でミルドレッドに怒りの勢いで加速付けて追い込み掛けていたのに、封印した迷い部分がドンドン浸食してきてもうてね。

f:id:inox07230:20180212024138j:image

そもそも窓からぶん投げるべきは、ミルドレッドなハズなんに広告代理店の社長という周りくどさが、すでに迷っとるがな。

その他の登場人物も、この迷いの中身(優しさや正しい方向の気持ちトカトカ?)を封印するのに手を焼き手こずってる場面が多かったような気がするね。

 f:id:inox07230:20180212025104j:image

その迷いの部分を隠して物事を進めて行くもんだからにイカン方向に向かい、引っ込みが付かなくなったんじゃないか?

f:id:inox07230:20180212032345p:image

 警察にしょっ引かれたミルドレッドをウィロビーが取り調べで強気にガンガン攻めるシーンで、ミルドレッドがウィロビーの吐血した血が顔面にビッシャ来た時のあの顔がもう、まさに良くそれを表わしてる思いましたなぁ、まだ迷ってるじゃないかよ?あんなに強気だったのにさぁ?

f:id:inox07230:20180212023449j:image

 そして最後のあの車の中でのあの会話ね、きっと最後まであの2人(誰だろねぇ?)怒りの中で迷うんだろうよ、間違いないw

 

    まさか、まさかまさかまさまさか?その『まさか』から見える『まさか』な正体や真実チラリで構成されとる作品でして。

f:id:inox07230:20180212030859p:image

そんな『まさか』で露呈する人々の意外な顔の優しい事よ、弱きことよ・・・

f:id:inox07230:20180212025436j:image

まさかウィロビーが?
まさか放火の犯人が?

まさか、一見、頭悪そうな元旦那の女(麗しのサマラ・ウィーヴィング嬢!)が、物凄い冷静なる物の見方をするとは思わなかっただろう。

f:id:inox07230:20180212033246p:image

軽薄そうな広告代理店の若社長(私のケイレブ・ランドリー・ジョーンズ!)が、あの病室でのディクソンの『正直すまんかった!』の謝罪に対して、男らしい器で許すとは誰も思ってなかっただろう。

f:id:inox07230:20180212033254j:image

 

   あのミルドレッドが掲げた見るだけで看板から滲み出る怒りの業火で目が焼かれそうだったあの3枚の看板。

f:id:inox07230:20180212031115j:image

ラストで車で通った時にみえた看板の裏側の貧相さたるや。

f:id:inox07230:20180212022307p:image

もうね、あれだけクソ田舎中を引っ掻き回した看板の裏側が、こんなに地味なのかと、さぞかし藁人形がビッチリ五寸釘で打ち付けられてもおかしくないだろうと思っていた怒りの看板の裏側の頼りない質素さを見てなんか良い方向に気が抜けたというかな?

f:id:inox07230:20180212032836p:image

ただの看板に成り下がって良かったなぁ・・・

(;ω;)そんな気持ちになりましたわ。

 

しかし、一番の『まさか』普通の映画に対してはこんな借りて来たネコ状態の感想しかできない自分が予想できなかったわ(`ェ´;) ウグゥ!

GOT沼の衆よ、我らのティリオンのオシャレっぷりを括目セヨ!

f:id:inox07230:20180212032225p:image

良い映画なんで観ろよーぅヾ(*´∀`*)ノ